『グランドニッコー淡路』お部屋の様子から周辺観光まで!【ホテル宿泊記】

まだ暖かかった11月中旬に、1泊2日で淡路島に行ってきました。秋の気持ちの良い風を感じつつ、のんびりとした旅となりましたので、その際の宿泊ホテル記をご紹介させていただきます。

2020年10月1日に「グランドニッコー淡路」にリブランドしたばかりのホテルに宿泊してきました。

「淡路島に行こうと思っている方」「淡路島のホテル選びに悩まれている方」は是非ご参考くださいませ。

そもそもリブランドって何?

リブランドとは、ホテルの改装や設備が新しくなる”リニューアル”とは異なり、ホテルグループの運営が変わるという意味になります。

グランドニッコー淡路は、「オークラニッコーホテル」の運営で経営されており、以前はマリオットグループの「ウエスティンホテル淡路」というホテルでした。

リブランドによりホテルのコンセプトやテーマが変わったことでサービスやホテルの雰囲気が変わります。施設自体に変化があるわけではないので、

「部屋が新しくきれいになった」「寛げる施設が増えた!」などということはあまりないので参考程度に覚えておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

基本情報

ホテルロビー内にあるバラ
住所〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台2番地
電話番号0799-74-1111
HPhttps://awaji.grandnikko.com
駐車場無料
アメニティシャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ボディローション・洗顔石けん / 洗顔フォーム / 歯ブラシ / カミソリ / ヘアブラシ / コットン・綿棒 / ヘアバンド / シャワーキャップ / スリッパ 
大浴場・サウナなし(スパ内にあり有料)
WIFI無料あり
無料送迎バスなし
エレベーター内の花

ロビーやエレベーターなど各場所に花が飾られており、その花に癒されながらホテル内を散策することができます。人間と自然が共存することがテーマとなっているホテルらしい演出でとても素敵な空間に包まれました。

朝食ビュッフェ

今回は、朝食のみのプランで予約を行いました。和洋折衷のビュッフェスタイルで、淡路島特産のタマネギを使ったメニューが多かった気がします。玉ねぎが詰まった淡路島カレーはおすすめです。

手袋をして、朝食を取るスタイルが旅行の新しいスタンダードになりつつあるなと感じました。

チューリップの椅子

アクセス

周辺都市からの車移動

  • 神戸市内から車で30分
  • 大阪市内から車で60分
  • 徳島市内から車で70分

電車・バス利用の場合

  • JR新神戸駅 高速バス60分(950円)
  • JR三宮駅  高速バス45分(950円)

大阪周辺までの関西近郊からのアクセスもよく、車でドライブするにはちょうど良い距離にあります。神戸淡路鳴門自動車道(神戸西IC〜淡路IC間、淡路島南IC〜鳴門IC間)においては、ETCを利用するとお得に行くことができるため、車で向かう際にはETCの準備をお忘れなく。

 垂水IC〜淡路IC間 通常料金2,410円 → ETC料金910円   1,500円もおトクです!!

お部屋の様子

お部屋は風呂トイレ別のデラックスダブルタイプに宿泊しました。部屋の広さは申し分なく寛ぐことができます。

お部屋の窓からは、大阪湾と淡路島国営明石海峡公園が見下ろすことができて、オーシャンビュー?な景色でした。

チェックインの際に、温泉おみやげ購入券という券を4,000円分(ひとり2000円)頂きました。この商品券は、淡路島の各地の指定されたお土産屋さんにて使える商品券で、ホテル内のお土産屋さんでも使うことができました。

こういった商品券を各地方自治体で配っているのは、今ならではですね。

周辺施設

淡路夢舞台

淡路夢舞台

 淡路夢舞台とは、建築家 安藤忠雄氏が手掛けた複合建築施設です。一度壊してしまった自然を本来の姿に戻し、動物や植物が人間と共存できる空間を創造することをコンセプトに作られました。グランニッコー淡路もその一つです。

阪神淡路大震災の影響も受けながらも2000年に完成し、現在でも四季折々の花や植物、小動物たちとホテルや施設が共存しています。

色づいた木々

ホテルのロビーから直接、こちらの施設に向かうことができ朝の散歩コースには、とてもぴったりです。

百段苑には、四季折々の花々が咲き乱れるのですが、11月のこの時期は少し控えめでした。それでも紅葉とともに季節の花々を感じることができ、近代的な施設と自然の花が相まって素敵な空間でした。

おしゃれな建築物が多かったです。

海の教会(チャペル)

ホテルから夢舞台に向かう途中に結婚式もあげることができるチャペルがまた、特別な空間を演出してくれます。

海の教会
階段を上がり外へ
淡路夢舞台へ続く道へ

ホテル周辺を歩いて探検するのがワクワクするような施設がたくさんありました。

淡路夢舞台公式サイトはこちらから

奇跡の星の植物館

 淡路夢舞台の中にある施設の一つで、自然の素晴らしさ・美しさを五感で体感すると同時に、21世紀の共生のライフスタイルを提案する施設として建てられました。

ホテルから先ほどの建築物たちを抜けてさらに進むと到着します。

 開館時間:10:00~18:00 (最終受付時間 17:30)

 休館日:7月・11月の植替え週の木曜日

     ※その他、フラワーショーのスケジュールに合わせて臨時休館日があり 

 料金


奇跡の星の植物館 入館券特別展開催時国営明石海峡公園 セット券 ※特別展開催時の 販売はありません。
一般700円 1500円
950円 ※高校生を除く
シルバー(70歳以上) ※生年月日の分かる 証明書をご提示ください。350円 750円560円 
シルバー(6570歳未満)700円 1500円
870円 
・身体障がい者手帳 ・療育手帳 ・精神障がい者保健福祉手帳 ※入館の際に手帳又は コピーを提示大人170  介助者 無料大人370 介助者 無料植物館入館料のみ必要

ホテルに宿泊していることを証明すると割引を受けられるので、カードキーなどを忘れないようにしましょう。

珍しい植物や和をテーマにした庭園など様々な植物たちをみることができます。

植物園の最後には、シーズン毎に変わるガーデンショーを楽しむことができます。

ちょうど訪れた時には、ショーの切り替えのタイミングで何もやっていないかと思いましたが、次のクリスマスフラワーショーをみることができました。

奇跡の星の植物館公式サイトはこちらから

まとめ

今回は、ホテルグランドニッコー淡路の宿泊記とその周辺の施設をご紹介させていただきました。

空気も澄んでいて、花や植物などの自然と共存しながら生きていることを再確認できるような素敵なホテルと施設に感動しました。

淡路島へ行く際には、グランドニッコー淡路に宿泊してみたり、淡路夢舞台を訪れてみてはいかがでしょうか?

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました