やっぱり旅がしたい!有名人・著名人の書いた旅エッセイ!【10選】第2弾!

以前このブログで「有名人・著名人の書いた旅エッセイ」を紹介しました。

調べてみるとまだまだ有名人たちが書いた旅に関する本があったため、今回は第2弾として紹介していきたいと思います。

水牛
水牛

前回同様、著名人ならではの旅のスタイルを覗くことが

できるよー。

まだ、全ての本を読み切れていないので個人的おすすめは後ほど更新します!すみません!

スポンサーリンク

できることならスティードで / 加藤シゲアキ 

ひとりの人間としての旅エッセイ

ジャニーズのアイドルグループNEWSの一人としての活動だけでなく、小説家としても活動する著者。そんな著者の初となるエッセイ集。

“旅”がテーマとなる作品で大阪や岡山、フランスやスリランカなどを国内外問わず旅する。広く旅を捉え、これまでの経験の中から自分の心の中の旅をする

個人的おすすめ度

読みやすさ         ★★★★☆

ファンじゃなくても楽しめる ★★★★☆

ファンも楽しめる      ★★★★★

ただいま、日本 世界一周、放浪の旅へ。37ヵ国を回って見えたこと / 乙武洋匡

世界のマイノリティと触れ合った見えてきた“気づき”

ある時期の騒動で日本での活動を諦め、海外生活を視野に入れた世界一周の旅

そこで見たLGBTQ、障害者、難民、世界のマイノリティと触れ合うことで得た“気づき”とは。

ロンドンパラリンピック成功の立役者、アウシュビッツの公認ガイドの日本人、手足を失ったパレスチナの車椅子先生、ルワンダで20年間義足を作り続ける日本人女性。

さまざまな人との出会いから新しい視点が見えてくる。

個人的おすすめ度

世界のマイノリティーと触れ合える   ★★★★☆

世界の様々な活動を知ることができる  ★★★★☆

旅をしている気分           ★★☆☆☆

オーストリア滞在記 / 中谷美紀

オーストリアでの奮闘日記

女優・中谷美紀の田舎暮らし。ドイツ人男性と結婚し、想像もしなかったオーストリアの生活。

約3か月間のオーストリア及び隣国ドイツの滞在日記

個人的おすすめ度

まだ未読です。

わたしのマトカ / 片桐はいり

余韻に浸れるフィンランド滞在記

旅好き俳優が、映画『かもめ食堂』の撮影でフィンランドに。

世界一まずい飴「サルミアッキ」に驚き、言葉が通じずともトラムに乗り、地獄というナイトクラブに赴く。撮影後には、一人で農場に泊まる「ファーム・アローン」も。

フィンランドの情景、温度、匂いを感じることのできる一冊。

個人的おすすめ度

フィンランドを全身で感じられる ★★★★★

かもめ食堂を観たくなる     ★★★★

農場ステイでサウナに入りたい  ★★★★☆

正直、旅は僕らのコントより面白い

売れない芸人の世界一周のリアル旅

M‐1一回戦敗退芸人が、放浪の旅に出た。74ヵ国。弱冠20歳の受難巡礼記。

二人で貯めた500万円で世界一周の旅に出たコンビの「春道」。ただ、ひたすら旅する。

テレビの企画や雑誌の取材のためでなく、自分たちの意思でお金を貯め旅に出たリアルな芸人の旅。

個人的おすすめ度

まだ未読です。

「国境なき医師団」を見に行く / いとうせいこう

国境なき医師団たちのリアルレポート

作家・いとうせいこうが「国境なき医師団」の活動に同行し、世界のリアルな現場を訪ねて感じたことを綴る。

大震災から6年後のハイチ、ギリシャの難民キャンプ、フィリピンのスラム地区、ウガンダの難民援助の現場のレポートを重く暗くなりすぎずに伝えてくれます。

「国境なき医師団」はどんな活動をしているのか、少しでも疑問や興味を持つことが知るきっかけになります。

個人的おすすめ度

国境なき医師団を知れる ★★★★★

世界の現状を垣間見れる ★★★★★

旅気分を味わう     ★☆☆☆☆

旅を栖とす/ 高橋久美子

旅に出たい!旅をしたい!旅人になりたい人たちに贈る

チャットモンチーのドラマー・作詞家を経て作家として活動する著者が世界各国をバックパックを背負い旅した記録

旅に出たくて仕方がない読者に贈る「旅を思い起こさせる一冊」です。

個人的おすすめ度

積読中です。

ビビる大木の幕末ひとり旅 / ビビる大木

幕末ゆかりの地へ赴く

幕末大好きの著者がゆかりの地を訪ね歩き、博物館やその人物を紹介する一冊。

歴史書であり、観光案内書でもある。

個人的おすすめ度

未読です。

キウィおこぼれ留学記 / 小林聡美

ニュージーランド・ショート留学体験記

偶然にも得たニュージーランドでの留学体験。心優しい初老の夫婦の家にホームステイをし、英語での授業に悪戦苦闘する。

日常から距離をおいた学生気分を楽しむと思った矢先に、突然の腹痛が、、、。

短いけれど刺激的な「10日間のニュージーランド留学記

個人的おすすめ度

留学気分を味わえる     ★★★★

ニュージーランドに行きたい ★★★★★

語学の壁を思い出す     ★★★☆☆

ビートルズへの旅 / リリーフランキー

ビートルズに魅了された男がゆかりの地へ

イラストレーター、作家、ミュージシャン、俳優、写真家などとして幅広く活躍するリリー・フランキー。

著者が初めて手にしたビートルズのレコードは、母が買ってきてくれた『AT THE HOLLYWOOD BOWL』というライブ盤。

リヴァプールとロンドンを訪れビートルズゆかりの地を巡り、そこで見た景色や感じたことを綴る。オールフルカラーで「ビートルズ聖地巡礼」には必見の一冊です。

個人的おすすめ度

イギリスを旅している気分になる  ★★★★☆

ビートルズゆかりの地を巡れる   ★★★★★

写真と文章に惹かれる       ★★★★☆

最後に

有名人ならではの旅からひとりの旅人としての旅まで、様々な旅を体験することができました。

また見つけ次第「第3弾」も出していきたいです

以上。

Kindle Unlimitedに加入すると月々980円で200万冊以上が読み放題

初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能です。

Amazonプライム会員なら無料で本が読めます!

Prime Reading」を利用すればKindle Unlimitedから選ばれた数百冊を追加料金なしで読めます。

▷▶︎▷Amazon Kindle Unlimitedを無料で試す

コメント

タイトルとURLをコピーしました