旅行がキャンセル!台風直撃にはどうしたら良いの?

「せっかく楽しみにしていた旅行。天気を調べると、旅行直前に怪しい雲がちらほら日本に近づいている…」「もし台風が来たらどうしよう…キャンセル料はかかるの?日付をづらすにはどうするの?」そんな疑問が出てくると思います。

今回は、旅行前に台風が近づいている場合何をするべきか旅行中に台風が来て帰れなくなったらどうしようという疑問にお答えします。

実際に台風が来ている時、旅行会社や航空会社などに電話がつながらない事が多々ありますので、心配になったときにはこちらのサイトにて落ち着いて考えていきましょう!

スポンサーリンク

旅行前に台風が近づいている場合

まずは情報収集から!

旅行前に台風が来ているとニュースで見ると不安でいっぱいになります。ちゃんと旅行に行けるかな?台風の進路はどうなるの?そんな心配を他所に台風は無情にも迫って来るばかりです。

 飛行機が飛ぶか飛ばないかの最終的な判断は航空会社になります。なので、利用する航空会社の運行状況を確認することと空港の運行情報サイトにて他の便も飛んでいるか確認する事が大切です。

事前に台風が来る事がわかっていてもすぐに欠航や運休の判断をすることはあまりありません。出発直前まで必ず確認するようにしましょう。

 また、台風の進路状況を確認するために天候情報のチェックも忘れずにしましょう。

必須確認情報サイト

空港運航情報  成田空港羽田空港関西国際空港中部国際空港など

各航空会社運航サイト 全日空日本航空(国際線)など

台風情報 ウェザーニュース日本気象協会など

自宅を出る前に欠航・運休の場合

チベットスナギツネ
チベットスナギツネ

旅行当日、自宅にて運行情報を確認していたら自分の搭乗する便の欠航が決まってしまいました。

 パッケージツアーで予約をしている場合には、 解除権というものが適用され旅行の契約を解除するか代替便にて変更するかを選ぶ事ができます。

ツアーをキャンセルする(ツアー代金全額返金)

台風や大雪などの悪天候によりもともと予約していた便での利用が難しくなり、旅行契約内容が変更されたとき解除権が発生します。その場合には、取消料なしで旅行契約の解除ができます。

オプショナルツアーやポケットWiFiなどの取消料に関しては、旅行契約の形態が異なるので、取消料がかかる場合もあります。

自宅を出てしまっている場合の交通費は自己負担となります。

振替便や代替便での参加

パッケージツアーの場合、旅行会社が代替便の手配や交渉を行います。しかし、ツアーの催行が不可能と判断された場合には、ツアー催行中止となり全額返金となります。

※振替便や代替便等で再び予約を取り直すことになるため、ツアー代金に差額が生じる場合には、その差額を支払う必要があります。

自宅を出る前に欠航・運休が不確定な場合

水牛
水牛

台風が来そうだけれど、まだ欠航が決まっていないどうしよう…

出発前に欠航・運休が決まっていない場合には、余裕を持って空港へ向かうことをおすすめします。

まずは細心の注意をはらい空港へ向かおう!

まずは、空港へ向かうことをおすすめします。飛行機の欠航が決まらない限り、ツアーは催行されます。

ツアーが催行されている状態で、空港へ行かなかった場合には通常通り取消料が発生します。

また航空会社の判断は出発ギリギリに決める事が多いです。コールセンターなども電話回線が混雑するため最新の情報を得る事が難しいためまずは空港へ向かうことを再度おすすめします。

 しかし、せっかく空港まで来たのに欠航になってしまった。という場合も多いです。その際には、ツアーに関しては旅行代金が全額返金されますが、自宅から空港までの移動費は実費になってしまいます、、、

旅行者の判断で空港へ向かわず、飛行機が飛んだ場合には搭乗されなかったことになり取消料が発生します。

空港へ行ったものの、欠航になった場合の交通費は自己負担…。

余裕を持って空港へ!

旅行当日以前に公共交通機関が止まる可能性もある為、事前に台風が近づいている場合には余裕を持って空港へ向かうことをおすすめします。

公共交通機関の情報も確認しておきましょう。また、心配な場合には空港近くのホテルに前泊する方が安心できますね!

空港までの公共交通機関等の遅延によりフライトに間に合わなかった場合も自己都合となってしまいます。

旅行前に関する遅延や運休をサポートしてくれる保険等がございます。こちらで確認してみましょう。

帰着便が事前に欠航・運休が決定している場合

熊

旅行会社から連絡があり、帰着便が欠航しているみたいだ…

往路時と同様に気象情報や運航情報を確認しながら、旅行会社と連絡を取ってみましょう。

旅行会社からの連絡を確認

パッケージツアーの参加で事前に欠航が確定している場合には、現地係員や現地スタッフが連絡をし今後の対応について案内をする場合があります。その場合には、現地スタッフの判断に従うようにしましょう!

状況により翌日以降の振替もしくは、前日等に振替を行う場合があります。

その際の宿泊費については、実費となってしまいます。こういった場合のために必ず海外旅行保険に加入することをおすすめします。

翌日の振替によりホテル延泊になった場合の宿泊費等は自己負担になってしまいます。(天候による事由は旅行会社、航空会社の免責事項となる為)

帰着便が欠航・運休の可能性がある場合

クオッカ
クオッカ

なんだか、雲行きが怪しいな…帰れるかな…

最終的な判断は航空会社となるため、空港へ向かうことをおすすめします。

空港カウンターの航空会社の指示

こちらも出発時と同じく欠航便や振替便などの対応は現地での空港カウンターにて各航空会社の指示に従うこととなります。

どうしても帰りたい場合、出来る限り早く帰りたいのであれば早めに空港カウンターへ向かいましょう。振替便は早い者勝ちになる事が多いです。

旅行会社でも振替便の対応を取ってもらえる事が多いですが、やはり自身でやりとりをする方が断然早いです!旅行会社などの緊急連絡先へ連絡すると共に自身でも問い合わせを行いましょう。

※予約した店舗や日本の旅行会社などに連絡する場合、時差で国によっては繋がらない事があります。

まずは空港へ向かうことは変わらず、自分でも行動をする事がおすすめ。

まとめ

パッケージツアーで予約を行った場合、悪天候により搭乗する便が欠航・運休となった際には、解除権というものが発生し取消料なしで旅行をキャンセルすることができます。

どうしてもいきたい場合には、代替便や振替便を利用しツアーを継続することも可能です。

しかし、自宅から空港までの交通費やオプショナルツアー代金などはかかる場合があるため注意しましょう。

また、旅行中の悪天候により帰着便が欠航・運休となる場合には旅行会社や航空会社の指示に従うことになります。

延泊などで追加費用がかかる場合も自己負担となるため海外旅行保険等の加入をおすすめします。

旅行前までのサポート

→キャンセルサポート保険や安心パックなどで対応

旅行中のサポート

→海外旅行保険やその他保険に加入

万が一、旅行当日や旅行中に台風などの天災に遭遇した場合には焦らず落ち着いて行動するよう心がけましょう。個人手配の場合には、航空会社やホテル等への連絡を全て自分で行うようになるので、旅慣れていない方はパッケージツアーをおすすめします

コメント

タイトルとURLをコピーしました