ANA機内誌『翼の王国』で連載されていたの吉田修一の旅エッセイをまとめてみた。

旅行に行く際の飛行機でふと目にする「機内誌」

暇を持て余した時にパラパラと捲るのも楽しいし、滞在先のちょっとした情報なんかも載っていて。旅行へ向かう前の高揚感を高めてくれる雑誌です。

最近では、そのほとんどがデジタル化されアプリや機内での画面で読むことができます。

なかなか、旅行に行けない今少しでも旅の気分を味わうため、機内誌で連載されていた内容が単行本化・文庫化されている本たちを集めてみました。

第一弾としてANAの機内誌「翼の王国」の中で連載されていた本たちの紹介です。

吉田修一さんの著書5冊翼の王国お馴染みの本1冊の紹介です!

スポンサーリンク

あの空の下で / 吉田修一 

空の上なら願いが叶う気がする。

本のあらすじ

旅にまつわる短い物語とエッセイの混ざり合う一冊。

飛行機の上で、田舎の駅で、恋人のいた街で、旅先での喧嘩でささやかだけど忘れられない12つの短編集。

東南アジアから北欧まで6つの町で出会いをつづったエッセイの詰め合わせ。

どこか懐かしく、愛おしい旅情を誘う作品集。

旅の情景が目に浮かぶ短編集と著者が取材で出会った人たち、訪れた国のエッセイが詰め合わさった本

ひとつひとつの物語が短く空いた時間に読みやすい

恋人との思い出の旅行先に一人で歩いたり、友人との旅行中に喧嘩や結婚式に呼ばれた先で一人旅を決意など旅にまつわる日常が描かれています。

自分の旅行や旅でもこうした何気ない思い出が振り返えるきっかけとなりました。これからもいろいろな旅をしてみたくなる「旅の余韻に浸れる」一冊です。

翼の王国では2007年から2008年連載されていた内容を編集・単行本化したものです。

空の冒険 / 吉田修一 

著者のひと月遅れの日記。

本のあらすじ

人生の大切な一場面を鮮やかに切り取った12話の短編小説と著者が各地に訪れたエッセイ集。

旅に出る前の些細な出来事や日常の一コマを綴った短くて身近なストーリー。

異なる文化を感じることで気づく新しい発見や日常の大切さを教えてくれる旅のエッセイなど。温かく、心に残る作品集。最後には、自身の作品「悪人」を巡る旅を紹介しています。

翼の王国で2008年から2010年までに掲載した内容を加筆・修正したまとめ。第2弾。

何気ない日常を切り取った短編集は、物語が劇的に進んだり驚きの展開があるわけではないけれども、あっさりしていて何かを感じさせられるような、何もないような。

程よい距離感で味わえる短編が個人的に好きでした。

「世界は広いのだから習慣の違いというのは間違いなくある。しかし、いくら違いがあっても、そこにの善意がある限り、多少のズレは美しい景色になるのだと改めて思う。」

「空の冒険 ニューヨーク、アメリカ」より

エッセイでは、ニューヨークで見た韓国人学生とアメリカのおじさんの何気ない一コマが印象に残りました。

「選ぶという行為はとても贅沢なことだと思う。そして選んだ何かに、その人の豊かさが現れるのだと思う。」

「空の冒険 ポプラジカ ブータン」 より

 ブータンでの一節。国民総幸福量を高めている国。その国の人たちの生活が描かれていた。また世界に行ける日が来たら、ブータンに行きたい。そう心に決めました。

作家と一日 / 吉田修一

大切な“一日”がまた増える。

本のあらすじ

ポルトガルのビーチでパトカーに乗せられたり、別府でタイの古式マッサージにハマったり、その全てが作家・吉田修一の1日。

旅で見つけた些細な出来事や小さな幸せ。残念なことやイヤだった思い出までもが旅。最終的に旅っていいものだと再確認できる一冊です。

『翼の王国』の人気連載をまとめたエッセイ集の第3弾。

著者の思う「旅行が上手な人」とは、ホテルのロビーやラウンジでゆったりと過ごし、何をするわけでもなく長時間過ごす人だという。

確かに、旅行に行くと折角だからと慌ただしく過ごしてしまうことが多い。そんな時でもゆとりを持ち、ゆったりと時間を楽しめる人が羨ましいです。

そんな時間の使い方ができる、旅行をしてみたいなと思いました。

何気ない旅の過ごし方にも、それぞれの時間の使い方があって、参考にしたくなります。

あーーーー。旅行に行きたい。

最後に手にしたいもの / 吉田修一

そろそろ旅の準備を始めましょう。

本のあらすじ

旅の面白さを綴る25編のエッセイ。

著者が訪れた台北や熊本の阿蘇、タイのパタヤやマカオ、香港など様々な国や地域を訪れたときのエピソードが語られています。

旅行に行きたい!旅に出たい!そんな気持ちが掻き立てられる「翼の王国」に連載の単行本化第4弾。

特に好きだったのは、「台湾でマルーン5」。著者が台湾で見た海外アーティストの話。

マルーン5をライブ会場でみた家族やカップル。老若男女が心を動かされていました。

台湾でアメリカのアーティストが韓国語を話し、日本人がそれを見て本で伝えている。勝手に世界がどんどん広がっていくように感じました。

「空港から市内向かうタクシーの車窓を流れていくのは、まだまだ混沌としたアジアそのものの風景で、渋滞した車のガス、すり抜けていくバイクの騒音、屋台で売られる料理のスパイスの匂い、裸足で歩く子供の踵、赤土に残った水たまり、そして幸せそうに眠る野良犬の親子」

「おしゃれプノンペン」から引用

プノンペンでの一節。自分も空港から街に出る電車や車から見る景色が好きです。異国の地に降り立ったことを実感させてくれるような情景描写が旅へと駆り立てます

旅で出会う喜びや感動を思い出させてくれる一冊です。

泣きたくなるような青空 / 吉田修一

今だからこそ本で旅する“読む旅”の世界へ

本のあらすじ

ANAグループの機内誌「翼の王国」で連載されていた内容を詰め込んだ25のエッセイ集。

台北や博多の屋台で舌鼓を打ち、沖縄やマレーシアの真っ青な空に目を奪われる。作家としての著者の一面だけでなく、素顔が垣間見れる自然体で肩の力を抜いて読める一冊です。

旅に出られない今だからこそ、旅にでられたことの奇跡を思い出してみましょう。

2012年10月から2016年10月の連載の一部を加筆・修正した作品です。(今作で5冊目)

過去の作品(あの空の下で空の冒険)の短編小説モデルとなった人物の話や出来事などを紹介しており、5冊通して読むと少し嬉しくなります。笑

取材旅行や過去の旅の話だけでなく、著者自身の日常に関することを題材にしており小説家のありのままの姿が描かれているのでエッセイは良いですね。

飛行機の上でCAさんに話しかけられた話が特に好きでした!

▶︎今ならKindle Unlimitedの読み放題で読めちゃう!

おべんとうの時間 / 写真 阿部了 文 阿部直美

お弁当の数だけある絆の物語

本のあらすじ

阿部夫婦(夫・カメラマン/妻・ライター)が全国各地の手作り弁当を二人三脚で取材したフォトエッセイ集。

食べながら語られるのは、仕事のこと、家族のこと、こどもの頃のこと…。そこには、お弁当の数だけ絆の物語がありました。

本書を読むと、子供のころのお弁当が懐かしく思い出され、また、手作り弁当を味わいたくなる、そんなあたたかな一冊です。

翼の王国を手に取ったことがある人なら一度は見たことあるのではないでしょうか。おべんとうの時間シリーズは全て四冊。

100人いれば、100個のおべんとうがある。様々な仕事や学校で過ごす人たちのお昼の楽しみ。

それぞれお弁当の中身やお弁当箱も違う。それぞれの日常に彩りを添えるお弁当たちが出てきて、それぞれの物語が胸を熱くさせくれます

自分は、高校時代の母のお弁当を思い出しました。

最後に

今回は、ANAグループの機内誌『翼の王国』で連載されていた本をご紹介しました!

吉田修一さんの小説や原作映画を改めて観たくなる良い“読む旅”でした。

どの旅エッセイも気を張らずに読むことができるので、旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか?

個人的に「空の冒険」が「最後に手にしたいもの」が特におすすめです!

以上!

↓JALの機内誌もまとめてみました!【NEW】↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました